神社仏閣巡り (北九州市) 若松恵比須神社

若松惠比須神社
撮影月:2023年2月

 若松恵比須神社は、北九州市若松区浜町にあります。

 神社のすぐ横には若戸大橋の橋脚がありまして、橋の裏側を眺めることができます。

 昔は、境内を出ますとすぐ海だったそうです。現在の立地から考えますと、とても想像しづらかったです。

 境内は広々としていまして、とても気持ちよくお参りさせていただきました。

 境内の案内板には、御神徳として、商売繁盛、事業繁栄、海上安全、大漁満足、家内安全、五穀豊穣が書かれていました。

 本記事では、若松恵比須神社の見どころなどをご紹介しております。

参拝日:2023年2月中旬

若松恵比須神社の祭神や由緒など

 若松恵比須神社のご祭神やご由緒などについてご紹介します。

主祭神

 公式サイトによりますと、若松恵比須神社の主祭神は以下の3柱です。

名称読み方
事代主神コトシロヌシノカミ
大山昨神オオヤマグイノカミ
大国主神オオクニヌシノカミ

 事代主神は「恵比須さま」、大国主神は「大黒さま」と呼ばれ親しみ敬われています。

 人々に幸福と財宝と長寿を授けられる神様だそうです。

若松恵比須神社の由緒(御神体について)

 若松恵比須神社のご由緒としまして、公式サイトに以下のお話が紹介されていました。

若松惠比須神社のご由緒は、今からおよそ一千八百年前、仲哀天皇が神功皇后とともに筑紫野の国へおいでになった時、洞海湾にさしかかると、お出迎えした岡県主熊鰐の奏上により天皇は外海を、皇后は内海を進まれました。皇后の御船が内海の洞海湾を進まれた時、お伴をしていた武将の武内宿禰(タケウチノスクネ)の命令で漁夫に海底を調べさせたところ、海の底からいとも清らかに神々しく光り輝く玉石を発見しました。

これを献上したところ天皇はこの石をお手にとってご覧になり、「これは海の神がこの度の筑紫への船旅をつつがなく守ってくださるという御心のしるしであろう。」と、大変お喜びになったので、武内宿禰が近くの浜辺に船を寄せて上陸し、この霊石を祀ったのが、当神社の御鎮座の始まりであり、この霊石は当神社の御神体として、今も本殿の奥深く内々陣の浄暗に荘厳に鎮まっておられます。

若松惠比須神社 公式サイトより引用

 武内宿禰が命じて見つけた光り輝く玉石の伝承は、神功皇后の伝承をご存じの方でしたらお聞きになったことはあると思います。

 若松恵比須神社は昔は海に面していまして、周辺にあります工場地帯はほぼ海の中でした。ですので、ご由緒にあります玉石の伝承は、違和感ありませんね。

祭事

 若松恵比須神社では様々な祭事が行われています。代表的なものをいくつかご紹介します。

名称日程概要
十日ゑびす祭1月9日~11日商売繁盛、家内安全の祈りを込めた新春の「福笹福引」あり
春季大祭4月2日~4日「おえべっさん」春の大祭
例大祭12月2日~4日「おえべっさん」秋の大祭

若松恵比須神社のご案内

 神社の境内をご紹介していきます。

本殿・拝殿

 若松恵比須神社の拝殿です。

若松惠比須神社の拝殿

 本殿は、壁に囲まれていてよく見えませんでした。

鳥居

 鳥居は、境内の東西に2基ありました。

 東側の鳥居です。とても古く、柱の文字は読めません。

若松惠比須神社の東側の鳥居

 後ろに見えますのは、若戸大橋の橋脚です。

 西側の鳥居です。

 柱に、天保年間(江戸時代後期)に建立とありました。「天保五」までは読めるのですが、その下はなんと書いてあるのでしょうか。

若松惠比須神社の西側の鳥居

燈籠

 参道の両脇に、2組の灯籠が並んでいます。

若松惠比須神社の2組の灯籠

狛犬

 狛犬は、参道の両脇に鎮座しています。

若松惠比須神社の狛犬

 裏側に、「慶應三年」と彫られていました。江戸時代の晩期になります。

 よく見てみますと、狛犬は子供を連れていました。

 吽形の方は子供を抱きかかえつつ背中にも、阿形の方は背中に。とても微笑ましいですね。

若松惠比須神社の吽形の狛犬
若松惠比須神社の阿形の狛犬

社務所

 社務所は、拝殿の左側にあります。

 とても立派な建物でして、社務所以外にも使われていると思われます。

境内社

 拝殿の右側に、以下の境内社があります。

名称備考
天満神社御祭神:菅原道真公、応神天皇、恵比須幸魂
(※現地案内板より)
稲荷神社

その他の見どころ

 その他、境内にあります史跡や気になったところについてご紹介します。

境内にある方位石

 拝殿の向かって左側に、お供え餅のような形をした丸い石があります。

若松惠比須神社の境内にある方位石

 現地の説明版によりますと「方位石」というそうでして、廻船問屋や船頭などが天候予測を行ったり、海上交通の安全祈願として社寺へ奉納したりしていたようです。

 実際の使用目的や年代などは判らないそうですが、石の耐用年数からみて江戸時代末期ごろではないかと推測されていました。

 方位石は、もともとは境内そばの波打ち際にあったと伝わっているそうですが、若戸大橋の拡張工事に伴って現在地に移設されたとのことです。

若松恵比須神社の情報

名称 若松恵比須神社
読み方 わかまつえびすじんじゃ
場所 北九州市若松区浜町1丁目
種類 神社
見学時間 社務所受付時間: 9:00~15:00
料金
指定
駐車場 敷地内(南側)に数台程度
アクセス JR若松駅から約1km(徒歩約13分)
アクセス(車) 敷地内駐車場を利用
アクセス(公共) 「北九州市営バス:若松区役所」から約400m(徒歩約5分)
「若戸渡船:若松渡場」から約400m(徒歩約5分)
備考  

地図

おわりに

 神社巡りは好きで数多くの神社を参拝していますが、若松恵比須神社はお気に入りの場所でして、参拝回数も上位です。

 どこが良いのかと聞かれてもどことは言えないのですが、境内に入ると心が穏やかになるんですよね。

 御神体のいとも清らかに神々しく光り輝く玉石に導かれているのだとしたら、嬉しいかぎりです。

 まだ祭事に行ったことがないので、今度参加させていただこうと思っています。そのときに、宮司さんに若松惠比須神社のことをもっと詳しくお聞きしてみたいです。

 最後までお読みいただきありがとうございました!

(参考)

名称リンク
若松恵比須神社境内の案内板
若松恵比須神社公式サイト
北九州市公式サイト若松えびす祭

コメント