神社仏閣巡り (北九州市) 杉守神社

撮影月:2024年4月中旬

 杉守神社は、北九州市八幡西区上香月にあります小さな丘の上にある神社です。

 すぐそばに山陽新幹線や高速道路の高架がある場所なのですが、樹々に守られているせいか境内はとても静かでした。

 杉守神社には、北側と東側からアクセスできます。

 東側の参道から向かう場合は、なだらかな坂道ですので比較的楽にお参りできますが、北側の参道から向かう場合は、急で長めの階段ルートか急な坂道ルートを選ぶことになりますので、結構シンドイです。

 本記事では、杉守神社の見どころなどをご紹介しております。

参拝日:2024年4月中旬

杉守神社の祭神や由緒など

 杉守神社のご祭神やご由緒などについてご紹介します。

主祭神

 現地のご由緒書きによりますと、杉守神社の主祭神は以下のとおりです。

名称読み方
日本武尊ヤマトタケルノミコト

 相殿祭神として、以下の3柱が祀られているそうです。

名称読み方
神功皇后ジングウコウゴウ
応神天皇オウジンテンノウ
仁徳天皇ニントクテンノウ

 最初は主祭神の日本武尊だけが祀られていまして、社名は杉森宮でした。その後神功皇后ら3柱を合祀し、社名を杉守宮としたそうです。

 「森」を「守」を変えた理由については、由緒書きの内容ではわかりませんでした。

杉守神社の由緒(御神体について)

 杉守神社のご由緒としまして、現地案内板に以下のお話が紹介されていました。

日本武尊は熊襲平定の帰途、筑紫の豪族小狭田彦の家に入し時「あな楽し、花の香、月の清き地かな 今より以後この地を香月邑と名づくべしと宣い 熊襲平定の賞として小狭田彦を香月君と号し給ふ

杉守神社 案内板より引用

 ご由緒の中に、杉守神社の周辺にあります香月という地名の由来が書かれていました。

 ご由緒の書かれた案内板です。

杉守神社の由緒書き
撮影月:2024年4月

祭事

 杉守神社で行われています祭事は、以下の通りです。

名称日程概要
例祭9月20日御旅所への神輿御幸あり(現地案内板より)

杉守神社のご案内

 神社の境内をご紹介していきます。

本殿・拝殿

 杉守神社の拝殿です。

杉守神社の拝殿
撮影月:2024年4月

 本殿です。

杉守神社の本殿
撮影月:2024年4月

鳥居

 鳥居は、北側の参道に3基、東側の参道に1基ありました。

 北側にあります一の鳥居と二の鳥居は、撮り忘れです。

 北側の三の鳥居は、鉄製の鳥居です。下の「名物」の項で、補足します。

杉守神社の三の鉄製鳥居
撮影月:2024年4月

 東側の参道にあります鉄製の鳥居です。

杉守神社の東側の鉄製の鳥居
撮影月:2024年4月

燈籠

 拝殿の前の両脇に、灯籠が並んでいます。

杉守神社の拝殿前の灯籠
撮影月:2024年4月

 境内には、他にも数多くの灯籠があります。

狛犬

 狛犬は、拝殿の前に2組ありました。

 拝殿のすぐそばにある狛犬はかなり古く、裏に「文政十三年」と彫られていました。

杉守神社の拝殿前の古い狛犬
撮影月:2024年4月
杉守神社の拝殿前の古い狛犬
撮影月:2024年4月

境内社

 福岡県神社誌によりますと、境内神社として以下が記載されていました。

名称備考
須賀神社進雄命
幸神社猿田彦命
恵美須神社事代主命
故宮八幡宮仲哀天皇、武内大臣
猿田彦神社猿田彦
稲荷神社倉稲魂命
宗像神社宗像三女神
参考:福岡県神社誌

 どれも確認できていませんので、再度お参りにいったときに探してみます。

名物

 杉守神社には、2基の金属製の鳥居があります。

 特に北側の参道の先にあります鉄製の鳥居は、明治時代に奉納されたものです。

杉守神社の三の鉄製鳥居
撮影月:2024年4月

 宮司さんのお話では、今の鳥居は2代目で、その前に初代の鉄製の鳥居があったそうです。

 2代目の鳥居は小倉の職人が作ったそうですが、初代の鳥居はあの有名な芦屋釜の職人が作ったものだったそうです。

 鳥居は、鋳型を使って鋳造されたものだそうです。つまり、鋳物ということになります。

 ちょっと気になったので調べてみたら、鋳物の鳥居は全国にそこそこあるようです。

 いつか、もっと詳しく調べてみたいと思います。

杉守神社の情報

名称 杉守神社
読み方 すぎもりじんじゃ
場所 北九州市八幡西区上香月4丁目
種類 神社
見学時間 社務所受付時間: 不明
料金
指定
駐車場 敷地内(北側と東側)に駐車場あり
東側の駐車場は舗装されている
アクセス 馬場山公園から約800m(徒歩約10分)
香月中央公園から約1400m(徒歩約18分)
アクセス(車) 敷地内駐車場を利用
アクセス(公共) 「西鉄バス:上香月」から約100m(徒歩約1分)
備考  

地図

おわりに

 杉守神社は、やはり鉄製の鳥居が目を引きます。昔あった芦屋釜職人による鋳造鳥居は、映像で見てみたいですね。現在のものと似ているのでしょうか。

 とはいいましても、鉄は錆びるので石に比べて朽ちるのも早いでしょうね。とある神社でステンレス製の鳥居を見たことありますが、こちらはかなり長持ちしそうです。

 杉守神社から1.5kmくらいのところにあります香月中央公園には広い駐車場がありまして、香月周辺を散策するベース基地として大変便利です。

 旧長崎街道筋の散策や大辻炭鉱の痕跡探索、神社仏閣巡りなど、色々楽しめると思います。

 最後までお読みいただきありがとうございました!

(参考)

名称リンク
現地案内板
福岡県神社誌書籍

コメント